DEVICES FOR BRIDGES

落橋防止装置

製品についてのお問い合わせ

  • カタログ資料請求
  • この製品についてのお問合わせ

製品説明

落橋防止装置は、桁と桁(または橋脚)とをPCケーブルで連結し、予期せぬ大きな変位から落橋を防止する装置です。阪神・淡路大震災後、道路橋示方書が改訂され、落橋防止装置が橋梁の耐震上重要な位置を占めるようになりました。川金コアテックのPCケーブルはポリエチレン被覆を施され、優れた耐候性、耐久性で着実に性能を発揮します。また、緩衝材として実績の多いクロロプレンゴムを使用し、衝撃力を確実に緩和。支承、伸縮継手と合わせて耐震システムを構成する製品として販売しています。

落橋防止装置 画像

落橋防止装置の特長

1.コンパクトな構造で優れた施工性
各部品が単純な形状であるため、各機能が明確です。また、部品点数も少ないため施工性が向上します。

2.道路橋示方書に基づいた確かな設計
道路橋示方書(H14年3月)に基づき、耐震性能を満足しています。

3.平行スプリングを使用
平行スプリングを使用することにより、スリムな構造を実現しました。

4.衝撃力を緩和するクロロプレン製の緩衝ゴムを使用
耐候性のあるクロロプレン製のゴムを緩衝材としています。これにより安全・確かな性能が期待できます。

5.確かなケーブル
高品質なPC鋼より線にポリエチレン被覆を施した優れた強度と耐久性・防錆性を有する落橋防止用連結ケーブルです。またPC鋼より線を亜鉛メッキした、より防錆の高いケーブルも準備しています。

ページの先頭へ