DEVICES FOR BRIDGES

ストッパー (KCS)

製品特性

免・制震機能 既設橋梁対策 NETIS
耐震機能 標準化  

製品についてのお問い合わせ

  • カタログ資料請求
  • この製品についてのお問合わせ

製品説明

ストッパー(KCS)は、橋桁下への設置を想定して開発された、コンパクトな3次元対応の新型ストッパーです。
従来の橋軸方向に加え直角方向へも対応し、さらに桁の浮き上がり防止機能も内蔵しているため、上部構造の逸脱の防止効果が期待できます。川金コアテック独自の特許技術を活用し、これらの機能をコンパクトな構造に集約させることで、優れた施工性と経済性を有しながら、地震時の予期せぬ変位や外力に対応しています。
また、設計水平力ごとに標準設計をご用意しています。

ストッパー (KCS) 画像

ストッパー(KCS)の特長

1.機能性
ストッパー(KCS)は、1つのデバイスで水平2方向に加え、上揚力に対するストッパー機能も有しています。このため地震時の3次元的な複雑な振動に対しても、効果的に橋梁を守ることができます。

2.施工性
コンパクトな装置なので施工性に非常に優れています。また、上沓部(上部構造側)と下沓部(下部構造側)の2つの部材からなるシンプルな構造なので、現場作業性の向上が期待できます。

3.標準化
設計水平力ごとに標準設計をご用意しています。橋梁条件に応じて、必要となる荷重・移動量が分かれば、対応デバイスが選定できます。また、標準寸法のデバイスを設置することでコストダウンにも寄与します。

ページの先頭へ