DEVICES FOR BRIDGES

線支承 (LB)

製品特性

免・制震機能 既設橋梁対策 NETIS
耐震機能 標準化  

製品についてのお問い合わせ

  • カタログ資料請求
  • この製品についてのお問合わせ

製品説明

線支承は、小規模のプレートガーター橋用支承として多くの実績を持つ鋼製支承で、シンプルかつコンパクトであるため、コストを抑えることができます。
平面と円筒面の接触により鉛直荷重を支持する構造で、桁のたわみによる回転変位には円柱面の転がりにより追随します。固定支承として使用する場合は、上沓の切り欠きをサイドブロックの幅に合わせる事により水平移動を阻止し、代わりに水平力を支持します。
また、線支承には可動と固定の2つのタイプがあり、可動タイプは上沓が下沓の上をすべる構造で、固定タイプは下沓に上沓の切り込み部をはめ込み、動きを拘束する構造です。
大きな荷重を支持する必要がある大型橋梁には構造の簡易さ故に不向きとなるため、適用範囲には注意が必要です。

線支承 (LB) 画像
ページの先頭へ