DEVICES FOR BRIDGES

ピボット支承 (PV)

製品特性

免・制震機能 既設橋梁対策 NETIS
耐震機能 標準化  

製品についてのお問い合わせ

  • カタログ資料請求
  • この製品についてのお問合わせ

製品説明

ピボット支承は、上沓は凹面状に、下沓を凸面状に、それぞれを球面仕上げして組み合わせることで、全方向に回転可能な固定用支承です。大反力を支持することが可能で、特に斜張橋、トラス橋、曲線橋に多く用いられています。可動支承としては、ピボット支承にローラーを組み合わせたピボットローラー支承が使用されますが、特に大型の橋梁に使用されるケースが多くなっています。弊社の最近の実績では、最大反力79261KN、支承重量1242KNの超大型ピボットローラー支承が使用されました。
阪神・淡路大震災では、ピボット支承が脆性的に破壊する事例が見られましたが、その後の研究開発において材料改良および構造細目の見直しを行い、損傷の発生を抑える対策も確立しています。

ピボット支承 (PV) 画像
ページの先頭へ