DEVICES FOR BRIDGES

線支承 (K-LB)

製品特性

免・制震機能 既設橋梁対策 NETIS
耐震機能 標準化  

製品についてのお問い合わせ

  • カタログ資料請求
  • この製品についてのお問合わせ

製品説明

川金コアテックオリジナルの線支承(K-LB)は、既設の線支承の補修用として、交換時の施工性を考慮して開発された新しいタイプの線支承です。
従来の線支承に比べて抜群の施工性を持ち、コストパフォーマンスを大幅に向上させています。新構造の採用により、ごく僅かなジャッキアップ量での交換を可能にするとともに、下沓とベースプレートをボルト結合にすることにより、既設支承との交換およびメンテナンスを将来にわたり軽易にしています。線支承(K-LB)は、すべり面にステンレスを用いて耐腐食性を向上させたオプションも可能です。

線支承は、小規模のプレートガーター橋用支承として多くの実績を持つ鋼製支承で、シンプルかつコンパクトであるため、コストを抑えることができます。

線支承 (K-LB) 画像

線支承(K-LB)の特長

1.施工性
サイドブロックを下沓と切り離して別のパーツにした構造により、取り替え時のジャッキアップ必要高を最小限に抑え、横方向から桁下に新支承を挿入することができます。

2.構造性
既設支承と同じ線支承なので、同等の性能を有し、かつ支承高を低く抑えることができます。また、1個からの交換が可能です。

3.交換
下沓とベースプレートをボルト結合にした構造により、将来交換が必要となった場合でも容易に取り替え工事を行うことができます。

ページの先頭へ