DEVICES FOR BRIDGES

ハイブリッド支承 (HB)

製品特性

免・制震機能 既設橋梁対策 NETIS
耐震機能 標準化  

製品についてのお問い合わせ

  • カタログ資料請求
  • この製品についてのお問合わせ

製品説明

ハイブリッド支承(HB)は、支承の上部に設けたポットベアリング構造によって橋桁の回転変位を吸収させることで、支承下部側の積層ゴム部を回転の影響から解放し、なおかつこれを同一支承構造内で実現(ハイブリッド化)した、川金コアテックが提案する新しいタイプの支承形式です。
要求性能に応じた最適な部材を配置することで、耐震設計上の自由度が向上して合理的な設計が可能となり、建設コストの縮減にも貢献。さらに従来と同一工法が採用可能な支承形式を考案しました。
また、積層ゴム部に分散ゴムや免震ゴムなどの採用も可能で、幅広いニーズに対応できる支承です。

ハイブリッド支承 (HB) 画像

ハイブリッド支承 (HB)の特長

1.設計の自由度
ゴム支承を回転変位から開放することで、形状設定の自由度が向上し周期設定を任意に行うことが可能となります。また、耐震補強等で桁遊間の制約が顕著な場合、ゴム剛性を高めた弾性ストッパーとして機能させ、地震時応答変位を抑制することが可能です。

2.支承コストの低減
積層ゴム本体のスリム化が図れるため、BP・B機構部(密閉ゴム)を加味しても、ゴム支承に比べコスト低減が期待できる支承です。

3.免震化
ゴム本体を高減衰ゴム支承や鉛プラグ入りゴム支承に変更することにより免震化への対応が可能です。

4.施工性の向上
支承構造のハイブリッド化を実現したことにより、鉛直支承と水平支承の2種類の支承を揃える必要がなく、施工性が向上し、工期短縮が可能です。

5.鉛直剛性の向上
積層構成を多層化することができるため、鉛直剛性が飛躍的に向上し、交通振動発生の低減が期待できます。

ページの先頭へ