DEVICES FOR BRIDGES

パッド型固定ゴム支承 (KFRB)

製品特性

免・制震機能 既設橋梁対策 NETIS
耐震機能 標準化  

製品についてのお問い合わせ

  • カタログ資料請求
  • この製品についてのお問合わせ

製品説明

パッド型固定ゴム支承KFRBは、多点固定橋梁および単純桁橋梁向けに開発された固定用支承です。
ゴム部には2〜3層構造のパッド型ゴムを採用し、鋳鋼品の特長を最大限に活かしたピン・下沓一体構造とすることで、コンパクト化およびコスト縮減を実現しています。

パッド型固定ゴム支承 (KFRB) 画像

パッド型すべりゴム支承 (KSRB)

製品特性

免・制震機能 既設橋梁対策 NETIS
耐震機能 標準化  

製品についてのお問い合わせ

  • カタログ資料請求
  • この製品についてのお問合わせ

製品説明

パッド型すべりゴム支承KSRBは、支承用材料として信頼性が高く、採用実績も多いすべり材(PTFE+ステンレス板)を用いたすべり機構により、桁の移動に追随する可動用支承です。

パット型ゴム支承で支承として必要な機能である荷重支持と回転をとり、桁の移動はテフロンとステンレスのすべりで取らせる構造となっており、コンパクトな設計を実現させる支承です。

特許を取得した川金コアテック独自の支承構造により、ゴム支承本体には水平力(摩擦力)は伝達されないため、設計で想定している支持性能を確実に発揮させることができます。

パッド型すべりゴム支承 (KSRB) 画像

パッド型すべりゴム支承 (KSRB)の特長

1.コスト面で有利
価格の安いパッド型ゴム沓を使用しています。
また機能分離型支承の滑りゴム支承として、コストの縮減を実現します。

2.コンパクトな設計を実現
テフロンが接着されている中間プレートがサイドブロックで拘束されているので、上沓が滑っても、またどんなに摩擦係数が増えても、ゴム沓はせん断変形を起こしません。そのため有効支圧面積は変わりません。

3.メンテナンスが容易
僅かなジャッキアップで中間プレートやゴム沓が外に引き出せるので、テフロンやゴム沓の交換が容易です。

ページの先頭へ