DEVICES FOR BRIDGES

機能分離型支承システム

製品特性

免・制震機能 既設橋梁対策 NETIS
耐震機能 標準化  

製品についてのお問い合わせ

  • カタログ資料請求
  • この製品についてのお問合わせ

製品説明

機能分離型支承システムは、鉛直荷重のみを支持する支承と、水平荷重のみを支持する支承とに機能を分離させた支承システムです。従来の機能集約型のゴム支承とは異なり、必要な機能のみを追加できる柔軟性の高い支承システムで、支承が劣化して機能を損失した場合、この損失した部分だけを交換することが可能で、ライフサイクルコストの低減が期待できます。
主に鉛直荷重支持支承にはポット型のすべり支承やKSRBを、水平荷重支持支承には分散・免震ゴム支承を使用します。

機能分離型支承システム 画像

機能分離型支承システムの特長

1.支承構造・設計の簡素化
鉛直支承・水平バネ支承が分割しているため、構造及び設計が簡素化されます。

2.コスト縮減が可能
鉛直支承・水平バネ支承が分割しているため、支承寸法が減少しコスト縮減が可能な支承システムです。

3.免震橋梁への適用
鉛直支承の摩擦低減を考慮することにより、免震橋梁への適用が可能です。

4.ポットベアリングの採用
鉛直支承は剛性の高いポットベアリングを使用しているため、鉛直方向の変位がありません。

5.ライフサイクルコストの縮減が可能
支承の交換を前提とした設計となっているため、ライフサイクルコストの縮減が可能な支承システムです。

ページの先頭へ