DEVICES FOR BRIDGES

TAPS

製品についてのお問い合わせ

  • カタログ資料請求
  • この製品についてのお問合わせ

製品説明

Al-Mg合金によるプラズマアーク溶射(TAPS)は、防食性能に優れるAl-Mg合金を高温高速のプラズマジェットで溶融させながら吹き付け、母材表面に皮膜を形成します。この皮膜による環境遮断作用により、高い防食性能を実現します。支承(鋼製及びゴム)、伸縮装置及びダンパー等の橋梁部材の金属表面に適用可能な金属溶射工法です。

TAPS 画像

〈耐久性〉
塩水の噴き付けと乾燥を繰り返す複合サイクル試験で、TAPS®皮膜は9ヶ月後でも表面も傷部にも赤錆が見られませんでした。この結果により、本工法が塩分に強く、従来の工法より耐久性に優れていることがわかります。


経済性 画像

〈経済性〉
TAPS®の初期費用は従来の防食工法よりやや高めですが、維持管理費が従来に比べかなり低めに抑えられます。100年間のライフサイクルコストを考えた場合、経済性に優れています。


適用性 画像

〈適用性〉
TAPS®は一般的に溶融亜鉛めっきや塗装が難しいとされたボルトのような部品にも幅広く適用可能です。また、この工法は溶射時の基材(鉄板やボルトなど)の温度を低く保つことができるため、基材の機械的性質を損ないません。


ページの先頭へ