DEVICES FOR ARCHITECTURE

アドバンス制震システム

製品特性

免震建物 制震建物 耐震補強
大臣認定 一般評定 NETIS

製品についてのお問い合わせ

  • カタログ資料請求
  • この製品についてのお問合わせ

製品説明

阪神淡路大震災以降、大地震時でも建物の損傷を防ぐことができる制震技術が注目されています。アドバンス制震システムは、2本のブレースと1本のダンパーで構成される機械分野で広く利用されている変位・速度増幅機構を応用した画期的な制震装置です。
この制震システムによって、地震や強風による建物変位が増幅されてダンパーに伝えられ、振動エネルギーを効率よく吸収することで、建物の変形や加速度を軽減。建物の損傷はもちろん、什器や家具などの転倒・飛来を抑制して、地震による被害を抑えます。

アドバンス制震システム 画像

アドバンス制震システムは、他工法に比べ必要設置数が少ない上にダンパーが小型であるため、低コスト・省スペースでの設置が可能です。また、美観にも考慮した高いデザイン性を備えており、安全性と居住性を同時に満足させることができます。病院や学校などの公共施設の耐震補強から、集合住宅やオフィスビルなどの新築高層建物まで、極めて適用範囲の広いシステムです。

アドバンス制震システムの施工例

アドバンス制震システム 画像2

アドバンス制震システムの特長

1.設置数を少なく抑えることができます。
増幅機構によりダンパーの性能を最大限引き出すことができるため、設置数を他工法に比べ1/2〜2/3に低減できます。

2.自由な配置が可能です。
在来工法のように連層に配置する必要がないので、設計の自由度が増し、無駄が生じません。

3.スマートですっきりしたデザインです。
威圧感を与えない細めの鋼管を用いています。また、耐震補強には斬新なデザインの鋳鋼製枠金物が使用できます。

4.開口の妨げになりません。
装置がコンパクトなので出入り口や窓を設けることが可能です。

5.工期が短くてすみます。
設置数が少なくて良いため、工期が短くてすみます。

6.コストダウンが可能です。
ダンパーの小型化、設置数の低減、工期の短縮などにより、他工法に比べコストダウンが可能です。

7.耐震補強の補助金申請ができます。
補強設計の結果を換算Is値※で評価できますので、文部科学省の補助事業に補助金申請ができます。また耐震判定委員会に対応いたします。
※:換算Is値を認めていない自治体もあります。

ダブジョイント

周辺鉄骨枠のジョイントには意匠性、安全性に優れたダブジョイントを用意しております。 なお、他社製のブレースをご使用の場合もお気軽にお問合せ下さい。

ダブジョイントを詳しく見る

 
ページの先頭へ